ときわバイオ株式会社

  • ヘルスケア・医療・医薬・医療機器
  • 産総研技術移転ベンチャー

1、難治性疾患や希少性疾患に対して、日本発の安全な遺伝子治療用ベクターを開発します。
2、再生・細胞治療用の製品開発を行い、細胞治療、再生医療の産業化を実現します。

ステルス型RNAベクター(SRV)は、13kb以上の遺伝子や複数(10個以上)の遺伝子を単一ベクターに搭載することが可能で、染色体に挿入されずに長期間細胞質で安定に遺伝子発現を持続することが可能な世界で唯一のベクターです。当社はSRVを基盤技術として、日本発の安全性の高い遺伝子治療用ベクターを開発するベンチャーです。また、SRVは細胞質で多数の転写因子を発現させ、必要に応じて除去することが出来るため、細胞のリプログラミング技術としても最適で、iPS細胞を経由せず目的細胞を直接リプログラミングする研究開発をアカデミアやパートナー企業と進めています。

求めるニーズ・解決したい課題

遺伝子治療は根本治療としての期待が大きく、開発競争は非常に早いスピードで進められています。ベンチャーが自力で製品化して市場に投入することは困難な領域であり、一緒に製品化を目指してくれる戦略的パートナーを求めています。


提供できるリソース

製薬企業・創薬ベンチャー等へのSRV技術の供与や共同開発、ライセンス供与など
 細胞リプログラミング:先端的なリプログラミング技術・製品の開発をおこなう。
 Biologics:SRVはBiologicsの生産に有効で、抗体の製造ではH鎖とL鎖の遺伝子を搭載する事で簡単に抗体を産生出来、Bispecific抗体の製造も2種類のH鎖と2種類のL鎖の4つの遺伝子を搭載することで実現できる。
 ソリューション:顧客の抱える問題を解決する。ステルス型RNAベクター技術のライセンス

 

企業情報

ときわバイオ株式会社の企業情報
会社名 ときわバイオ株式会社
(ときわばいお)
住所

〒305-0047
茨城県つくば市千現2−1−6
つくば研究支援センターG棟

電話 029-893-6040
URL http://www.tokiwa-bio.com/

企業概要

ときわバイオ株式会社の企業概要
代表者 松崎正晴
設立年 2014年12月
資本金 100,000,000円
上場区分 未上場
従業員数 8名