株式会社ワープスペース
Warpspace Inc.

  • IT・IoT・AI・VR
  • 宇宙
  • TCIベンチャーズ

宇宙産業における通信の課題を光通信ネットワーク構築により解決

Solve the Bottleneck of Telecommunication with Optical Link.

2016年に設立。これまで3機の通信衛星を打ち上げに成功。宇宙や人工衛星に関する高い専門性に加え、JAXAをはじめとした研究機関とのパートナーシップ、つくば研究学園都市が保有する豊富な実験・試験設備等を強みに、民間として世界初の衛星間光通信ネットワーク「WarpHub InterSat」の実現を目指すベンチャー企業です。

近年の宇宙ビジネスでは、地球観測を目的として、高度数百キロメートルの地球低軌道に打ち上げられる小型衛星が注目を集めています。ただ、通信インフラが細く、地球観測をしている衛星が取得したデータを地上へ十分に降ろせず衛星データを活用しきれていないことや、周波数調整に多くの時間を要すことが、地球観測産業の成長を妨げる課題となっています。
そこで、主に地球観測事業者向けに光通信による中継ネットワーク化でそれらを解決します。
光通信機器を搭載した3基の中継衛星を中軌道に打ち上げ、地上と常時接続できるネットワークシステム、「WarpHub InterSat」を構築することで、地球観測産業の成長だけでなく、農業やエネルギー、インフラ、土木、石油ガスといった地上産業全体に貢献していきます。地球温暖化により、世界各地では森林火災や大型台風をはじめとした大規模災害が頻発していますが、地球観測データを活用することで災害を事前に検知したり、発災後の被害状況を即時に把握するための重要な役割も果たすため、期待が高まっています。

提供できるリソース

地球観測事業者向け衛星間光通信

代表取締役CEO
常間地 悟

近代および現代を振り返ると人類の活動領域の発展は常に、通信インフラの高度化に支えられてきました。電話やインターネット通信が代表的な事例で、それらの基盤上に多種多様な産業が誕生し発展していきました。
ここ数年の宇宙産業に対する世間の期待の高まりというのはある意味、人類の活動領域がさらに拡張する時代が新たに到来することを示唆しています。こうしたポテンシャルにしっかりと対応していくには、宇宙空間領域における通信インフラの高度化を外すことはできません。ワープスペースは地球上と同じレベルのインフラを築き、シームレスな形で人類が豊かに活動できる世界を支えていきたいと考えています。

企業情報

株式会社ワープスペースの企業情報
会社名
Company Name
株式会社ワープスペース
(わーぷすぺーす)
住所
Address

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻1-10-1
つくばセンタービル 1F

電話
TEL
029-856-8128
URL https://warpspace.jp/

企業概要

株式会社ワープスペースの企業概要
代表者
President
常間地 悟
上場区分
Listed or not
未上場