株式会社AGREE

  • IT・IoT・AI・VR
  • ヘルスケア・医療・医薬・医療機器
  • 筑波大発ベンチャー

医療相談アプリLEBER(リーバー)
24時間・365日、いつでもどこでもスマホで医師に相談できるサービスです。日本全国の医師の知識と経験を「シェア」する「ドクターシェアリングプラットホーム」で、最速3分で医師が症状に合った「医療機関 or 市販薬」を紹介してくれます。「どの診療科の病院に行ったらいいか分からない」「忙しくて病院に行けない」などといった日々の医療の困り事を解決し、さらに医師がセルフメディケーションを推進することで医療費の抑制を図る画期的なアプリケーションです。

医療相談サービスではありますが、模擬診療とも呼べるべき医療データが蓄積されます。これは大手の電子カルテメーカーも持ちえない貴重なものです。当アプリにて500万ダウンロードを得た時点で、200箇所を超える診療所の日々の外来患者と同じ数のやりとりが得られることになります。また実際の利用者に対する医師個人のデータも価値を持ち、現在のエムスリーを始めとする他社に比べても競争優位性をもってスケールできるものと考えております。なおクラウドRPA技術により、医師に対して実際の診療時間の5分の1以下での相談回答を実現しております。

求めるニーズ・解決したい課題

2025年には55兆円に増大すると目されている医療費ですが、当社のサービスを利用することによりセルフメディケーションの推進、早期発見・早期治療が可能となり、10〜15兆円の圧縮が充分可能です。内閣府主導近未来技術等支援事業にも採択され、世の中に拡げる下地は出来つつあります。

提供できるリソース

医療相談プラットホームとして確立後、ウェアラブル端末等との連携を進めていき、医療相談だけでなく日々の健康管理、簡易的な検査もLEBERで行えるようになることを計画しています。
また問診機能に関しては問診データの蓄積を行い、精度の高いAI問診システムを構築し、AI・RPAビジネスへも参入していきます。
事業展開としては、当アプリはテキスト形式の相談のため、容易に多言語への変換が可能であり、5年後は海外展開も視野に入れています。

企業情報

株式会社AGREEの企業情報
会社名 株式会社AGREE
(あぐりー)
住所

〒305-0861
茨城県つくば市谷田部

電話 029-896-6263
URL https://www.leber11.com

企業概要

株式会社AGREEの企業概要
代表者 伊藤俊一郎
設立年 2017年2月
資本金 5300
上場区分 未上場
株主 筑波銀行、その他
従業員数 4人