日揮株式会社

  • その他
  • 大企業

1. 各種プラント・施設に関するコンサルテーション、事業計画、基本設計、詳細設計、機材調達、建設工事、試運転、オペレーション、メンテナンス
2. ユーティリティ事業に関する投資
3. 技術サービス

世界に広がる日揮のエンジニアリング</h4><p>日揮は、世界各地で石油、天然ガス、石油化学プラントなどのオイル&ガス分野を中心に、発電プラント、非鉄金属プラントなどのエネルギーインフラ分野、産業インフラ分野や、医薬品工場、病院、環境施設などの社会インフラ分野に至る幅広い分野でプラント・施設を建設。その能力は、世界でも屈指のエンジニアリングコントラクターとして評価されており、これまでに世界80ヶ国で20,000件以上のプロジェクトを遂行しています。
このようなプラント・施設の設計(E)・調達(P)・建設(C)の一連のプロジェクトを遂行するEPC事業をコアビジネスとして、O&Mサービス事業、事業投資・運営事業、触媒・ファイン事業など幅広い事業を展開しております。
社会課題解決に貢献する事業投資・運営事業、エネルギーの供給、環境対策、雇用創生などの社会課題に貢献する事業への投資ならびに運営事業を展開しております。

求めるニーズ・解決したい課題

社会課題ソリューションを世界に展開
再生可能エネルギー活用および炭酸ガスマネジメントによる地球環境問題への貢献
新興国等における環境問題等社会課題への貢献
ガスバリューチェーンに係るビジネス創出
遊休技術などを活用した新興国における新事業創出、雇用創出
ITを用いた建設現場環境の向上
IT, AI を用いたエンジニアリングの革新

提供できるリソース

(1) 社会課題、顧客ニーズに対して、様々な技術をとりまとめたシステムをソリューションとして提供するコーディネイション力、プロジェクトマネジメント力
(2) 中東、東南アジア、アフリカ、中央アジアなど海外への展開支援
(3) 反応器設計、触媒、エンジニアリングを含めたプロセス構築技術
(4) EPC(プラント・施設の設計、調達、建設)の各フェーズにおけるPoCの場の提供

プロセステクノロジー本部 オープンイノベーション室 室長
小島秀藏

日揮は、プラント事業のみならず、地球環境の保全という世界的な課題や、テクノロジ―を活用したビッグデータソリューションなどの取り組みも進めています。プラント運転における省エネルギー化の追求はもとより、排出される二酸化炭素の地中貯留の分野においても世界屈指の技術力を誇っています。さらに、再生可能エネルギーの普及・促進に対しても注力しており、太陽光・太陽熱発電、バイオマス発電の分野で豊富なプロジェクト遂行実績を有しています。
また、ドローンによる資材管理やAR/VRを活用した作業工程の見える化など、建設現場におけるITを活用した環境改善にも取り組みたいと考えています。
我々と共に、世界的な課題を解決しましょう。

企業情報

日揮株式会社の企業情報
会社名 日揮株式会社
(にっき)
住所

〒220-6001
神奈川県横浜市西区みなとみらいクイーンズタワーA

電話 045-682-8371

企業概要

日揮株式会社の企業概要
代表者 佐藤 雅之
設立年 1928
資本金 235億1,118万円(2019年3月31日現在)
上場区分 上場
株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)/日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)/日揮商事株式会社/株式会社三井住友銀行など
主要取引先 National Oil Company各社、International Oil Company各社、製薬会社など
従業員数 2300(単体) 7800(連結)